Contact Me

アニマルコミュニケーションに関するご依頼、
ご相談など、お気軽にお問合せ下さいませ。

123-456-7890
  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

© 2018 by www.actomoko.com

フードの事…🐶

我が家のフード事情🐶🥣(我が家で使っているフードです) 私は今、5頭の犬と暮らしています。 チワワのラヴィ以外は皆んなシニア、超シニアなので 食事も皆んな違います。 ステージ1の腎臓病の子、胆泥症の子、肝臓の数値の高い子、食事介助が必要な子… 我が家の🐶の基本の食事は【総合栄養食】と呼ばれているいわゆる【ドッグフード】です。 手作りごはんは本当にたまにしか作りません。 動物の栄養学を勉強しようと思ったのも、我が子の病気が原因でした。 約一年かけてペット栄養管理士の資格を取る勉強をしましたが本当に『目から鱗』でした。 人間に良い物は動物にも良いだろう… これぐらいの量なら大丈夫だろう… ドッグフードを毎日食べさせるのは抵抗ある… 一年の講義で全てひっくり返されました。 特に『療法食』は、その病気に罹患している動物の 病気の予後には非常に頼りになる物だと思っています。 添加物など気になるところもあると思いますが、 予後の寿命の事を考えると『療法食』を上手に取り入れる事も選択肢としては『あり』だと思います。 我が家の子も二種の療法食を使っています。 しかし…低脂肪食にしたい優心が最近フードを残します。 そう…療法食はあまり美味しくないんですね😞💨 なので消化器サポートのフードに低脂肪のフードをブレンドして与えています。 彼は胆泥症なので、毎食に色んな野菜を煮た物も一緒に食べさせています。 ステージ1の腎臓病の陽菜は『腎臓サポート』にしています。 まだタンパク質制限は無いのですが腎臓病が

アニマルコミュニケーションを御依頼頂きありがとうございます。

アニマルコミュニケーションの御依頼を頂きセッションをさせてもらったのはシーズーの女の子エルちゃん16歳です。 エルちゃんは数年前に癌に侵され余命宣告まで受けましたが飼い主様ご夫妻の深い愛情で16年の犬生を全うしました。 アニマルコミュニケーションのご報告をした約ひと月後に 空に帰ったエルちゃん。 彼女の想いを飼い主様にお伝えしました。 エルちゃんは飼い主ご夫妻に『犬育ての最高のパートナーだから私亡き後も犬を迎えてほしい』と伝えてきました。 エルちゃんは三代目のワンちゃんだったそうですが、 先代のワンちゃん達も大切に愛情深く育ててもらったのがエルちゃんとのアニマルコミュニケーションでもわかりました。 エルちゃんの最期の写真を飼い主様が送ってくださいましたが、背中に羽が付いてるのではないかと思うほどその姿は『天使』でした。 動物と暮らす以上、お別れは必ず来ます。 その時が来るのを1番恐れている飼い主様はたくさんいらっしゃると思います。 私もその一人です。 でもエルちゃんのお別れは幸せに満ちて、想いを残す事無い旅立ちました。 『この子は預かりもの、神さまにお返しする日まで大切にしていきたい』 飼い主様のこの言葉がとても印象的でした。 アニマルコミュニケーションの御依頼を頂きましてありがとうございます。 エルちゃんのご冥福をお祈りいたします。

アニマルコミュニケーションの対面セッションありがとうございます😊

先日の日曜日横浜のドッグカフェ @chou2_clair様で 対面アニマルコミュニケーションをやらせて頂きました。 しかし…写真を撮らせてもらうのを忘れてしまいました…😔💨 6頭の可愛い🐶ちゃん達、写真撮れなくてごめんなさい。 その中の飼い主様が先日のセッションの事を紹介してくださいました。 15歳のゴールデンレトリバーのさくらちゃんを筆頭に 全部で3頭のワンちゃんと暮らすご夫妻。 ママは英語スクールの美人な先生です。 涙と笑いの感動のアニマルコミュニケーションでした。 ありがとうございました😊 次回 @chou2_clair様での対面アニマルコミュニケーションは9月頃を予定しています。 又前告知させて頂きますのでよろしくお願いします❣️ こちらのお店はお料理がとっても美味しいです。 私もセッション前か後にガッチリ頂きます🥰

ウコンを使ってカレーシチュー作ってみました🐶

我が家の🐶達は毎年6月にドッグドックを受けます。 腎臓にフォーカスしたSDMAの検査も受けます。 今回の検査で14歳の陽菜がクレアチニンの数値は正常値でしたがSDMAの数値が少し高く、ステージ1の腎臓病 と診断され、15歳の優心は肝臓の数値が高く胆泥も少し溜まりウルソを飲む事に…🐶💦 11歳の夢も胆泥は溜まっていないけど肝臓の数値が高くやはりウルソを飲む事に…😨 肝臓か…早めに出来る事からやっていこう❗️ ということで、今日は犬、猫用のウコンを使って 『カレーシチュー』を作りました。 【ウコン】その効能は素晴らしいです❣️ 私たちが食べているカレーの黄色、この黄色がウコンの 成分の『クルクミン』です。 肝臓に良い事は知られていますが、その他にも抗菌、抗炎症、健胃、抗血栓、脂肪分解、免疫強化、抗ガン、利尿、老廃物排泄、など、生姜科なので身体を温めます。 シチューに添えたマカロニは犬用です。 @design fさんのお店で見つけました。 野菜ペーストで作られている🐶用パスタです。 【カレーシチュー&パスタ】 🥣鶏ひき肉 🥣じゃがいも 🥣にんじん 🥣ズッキーニ 🥣しいたけ 🥣大根 🥣ピーマン 🥣ウコン 🥣🐶用パスタ 🍀フードの上にかける時にはフードの量を減らしてくださいね。

🐶ボルシチ作ってみました

今日はとても嬉しい事がありました❣️ 卵を買いに直売所に行ったら野菜も売っていて、 そこに…な・な・なんと😧❗️【ビーツ】が❗️ 【ビーツ】は『食べる輸血』と言われるぐらい 栄養価が高いスーパーフードの野菜です。 あまり馴染みが無いかもしれないですがビタミンやミネラルが豊富で特に注目すべきは葉酸です。 葉酸はビタミンB12とともに骨髄で正常な赤血球をつくります。 ビーツの味はカブと大根のような味です。 旬は今です❗️ 14歳のシュナの陽菜が少し貧血なので今日はビーツを使った【🐶ボルシチ】を作ってみました😊💕 【犬ボルシチシチュー】 🥣ビーツ 🥣じゃがいも 🥣にんじん 🥣大根 🥣牛もも肉(別鍋で柔らかく煮ておきます) 🥣ズッキーニ 🥣舞茸 🥣プレーンヨーグルト(仕上げに上にのせます) 🍀野菜をさいの目切りにして柔らかく煮ます。 牛もも肉は別鍋で柔らかく煮ておきます。 仕上げにプレーンヨーグルトをのせます。 基本は切って茹でるだけ❗️ 簡単なので是非作ってみてください。 フードの上にかけてあげてもよろしいですよ😊 赤いビーツの色が鮮やかな🐶ボルシチです❣️