Contact Me

アニマルコミュニケーションに関するご依頼、
ご相談など、お気軽にお問合せ下さいませ。

123-456-7890
  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

© 2018 by www.actomoko.com

優心…🐶💕③

昨日、仕事に行く前に病院に寄り優心に作ったごはんをあげてみたけど、ささみを2口食べただけ…😭 『後で又食べさせてみますね』と看護師さんが言ってくださり、預けてきたけど食べたかなぁ…🐶 母はめげずに初挑戦💪💕 見たことないけど、超メジャーな【チュール】もどきを 作ってみようと決意!! 中毒性になるぐらい動物が好むと聞いていて、私なりに成分表を見ながら自己解析(⬅︎ここ重要) 多分、この『トロミ』なんだろうなぁ… 確かに動物はトロミが好きですよね❣️ 市販の物は添加物でトロミを付けていそうだし… 私が思いついたのはやっぱり『米粉』 🐶用の食事でトロミを付けたい時はアレルギーが無かったら米粉がオススメ 『薬膳百香』で出汁を取り、茹でたささみをフープロが無い我が家は、すり鉢で擦ってなめらかに… さつま芋を柔らかめに茹でて、こちらも擦ってささみと混ぜながら出汁を足しながらなめらかになるまで擦る。 これに犬用のウコンを少し入れる。 肝臓の数値、下がればいいなぁ… なめらかになったら出汁でのばした米粉を少しづつ加えてトロミを付けていく。 【チュール】もどきになったと思う(あくまでも自己感想) 優心以外のワンズにも今朝のごはんはチュールもどき入りをあげてみる。 今日は早い時間の面会時間が取れたから、ささみとさつま芋と手作りチュールを持って優心に会いにいきます❣️ 昨日より、きっと良くなってる!! レイキを送ってくださっている皆さま、優しいコメントを寄せてくださった皆さまに深く感謝です。 皆さまの優しさに

優心…🐶🐾②

優心…入院5日目。 毎日病院に行ってます。 昨日面会した時に先生から腹膜炎もおこしていて 予断が許せない状況である事を言われる。 丸3日間何も口から食べていないらしく、 少なくとも口から物を食べないと退院も出来ない。 『手作りのごはんを持って来てもいいですか?』 先生に聞いたら『いいですよ。そうしてあげてください』と言われたので『膵炎メニュー』 干し椎茸で出汁を取り、にんじん、大根、じゃがいも、白米を柔らかく煮て、ささみも加えてコトコト🐶🥣 豆乳カッテージチーズも作る。 飛び道具(笑)としてささみの茹でたのも。 これで食べなかったら、手作りチュールを作るしかないかも…😭 私のペット栄養管理士の腕を上げてくれるのは間違いなく我が子…ですね😁💪 これから病院に行って面会して、ごはん食べさせてから仕事に行きます。 忙しい時なのに、快く遅刻を許してくれる職場のスタッフに感謝😊💕 『優心、一緒に乗り越えよう❣️』

優心…🐶💕

数日前からフードを食べない優心… 季節の変わり目… そんな感じではない。 何かがおかしい… 夜から吐き続け夜間の救急病院に連れて行く。 病名がつかない… 夜間救の獣医に詰め寄る私… 検査結果を全てもらい、かかりつけ医のいる動物医療センターに連れて行く。 リーディングでも感じた重いお腹の痛み。 私の中で確信していた病名を言われる。 『検査で強い陽性反応ですね。急性膵炎です。 このまま入院して治療しましょう』 『やっぱり』 連れて来て良かった。 16歳に近い優心… ゆっくり治療して痛みが無くなるといいね。 膵炎のごはんはお母さんに任せて💪💕 我が家に来て初めての外泊(笑) せっかくだから入院生活も楽しんじゃえ😊 明日面会に行くよ❣️ 『入院生活はどお?』って聞いてみる。 『家族多いのに金かけてごめん』… そう返してくれる事を今から期待してる母です(笑)

Animal Communication  IN高知

高知在住のこてつ君のママ (@miemie103 )から アニマルコミュニケーションのご依頼を頂いてからの ご縁でこの度高知県でのアニマルコミュニケーションが実現される事になりました😊💕 計画、企画、お店の手配、チラシ作りまで全て、こてつ君ママがサクサクとやってくださいました。 こてつ君ママ、こてつ君の人徳、犬徳のおかげで 2日間のアニマルコミュニケーションの枠は全て埋まりました。 ペット栄養学のプチ講座もやらせて頂きますので、こちらのみ受け付けております。 私も今からとても楽しみです☺️ 知美さん(こてつ君ママ)のリポストをさせて頂きます。 当日、会場をお貸し頂きますトリミングサロンの #ルルモッペル様(@spok_00) ありがとうございます😊 よろしくお願いします❣️

強肝メニュー🐶🥣

🐶強肝メニュー😊 まだまだ35度を超えるような暑さです🥵💦 台風も来たりで🐶も体調崩しやすいですね。 我が家の5ワンズもウンチが少し緩かったり、食欲落ちたりしています😔💨 今日はウルソを服用している我が家の2ワンズの為に 強肝メニューを作ってみました。 🐶しじみのリゾット(ウコンのササミ寒天添え) しじみ…肝臓に良いオルニチン、タウリンが豊富 ウコン…抗炎症、抗酸化作用があり、胃腸も整える効果があります) これにアスタキサンチンが豊富な鮭、一緒に摂ると良いビタミンCのパプリカ、免疫アップの舞茸、麦ごはんを入れてリゾットにします。 🍀出来上がり写真はしじみも入れていますが、 (インスタの写真用です) 🐶達にあげる時はしじみは抜きます。 アレルギーが出る子がいる場合もあり、しじみの身は 消化があまり良くないので、出汁だけで十分です👌 🥣棒寒天 🥣茹でたささみ 🥣ウコン(🐶用) 🥣生鮭 🥣赤パプリカ 🥣舞茸 🥣パセリ 🥣炊いたごはん ①棒寒天を水で戻し、火にかけウコン、茹でたささみを入れて固めます。 ②鍋にしじみ、赤ピーマン、鮭、舞茸、炊いたごはんを入れてコトコト煮込みます。 ③固めたウコンをのせてパセリを散らします。 しじみは(貝も身も)鍋から抜いてくださいね。 出汁が出れば十分です😊 シニアのワンちゃんにも、肝臓の数値が高い子にも、 胃腸系を強くしたい子にもおススメです❣️ 作ってみてくださいね😊

保護動物の事…🐶🐈

保護動物の事…🐶🐈 先日友人と会って食事をしました。 彼女はヒーラー仲間でもあり、保護動物のボラ仲間でもあります。 彼女が私に一つのアクセサリーをプレゼントしてくれました。 オーブン陶土で作られた『犬』の形のアクセサリー 【I can only trust in you】【私はあなただけを信じている】という言葉…🍀 これは『ふくまる家』さんという方が個人で『看取り』の為に動物を引き取り世話をしています。 その費用を捻出する為に販売しているアクセサリーの一つです。 アクセサリーの袋の中に、小さな手書きのチラシが入っていて、この中には動物と暮らす方々に伝えたい言葉が網羅されていると感じました。 保護動物を迎えるとその動物は『良かったね』 『これで幸せになれるね』とよく言われます。 でも、全ての飼い主さんが動物を迎えたら【終生飼育】【適正飼育】してくださる事が本来の正しい在り方だと思うんです。 無理だと思うなら『飼わない』という選択をしてください。 それも又動物への『愛』です。 年老いた動物を捨てたりしないでほしい。 『看取り』のボラさんがいるという事、その意味を 深く考えたいですね。