検索
  • 小林智子

動物福祉(アニマルウェルフェア)講座

最終更新: 5月4日

1月のある日の事…

動物ボラ、ヒーリング仲間の友人からLINEが来て

興味深い講座がインターネットで受けられるから受講してみたら?と言われ…

『動物福祉』(アニマルウェルフェア)についてのインターネット講座を受講し始めました。



忙しい時こそ、新しい事をやりたくなる。

私の悪い癖…



大学のオープンカレッジのように、一般の人向けに開催してくれた講座で、内容もわかりやすくて

私たちがペットとして一緒に暮らす『伴侶動物』『実験動物』『産業動物』『展示動物』について学ぶ事が出来ました。



保護動物と暮らす私は『動物愛護』の視点からアニマルウェルフェアに興味があったのですが、開けた扉は動物愛護とは違うものでした。



例えば『動物実験』は愛護の視点からだと、「無くなってほしい」事ですが動物福祉は『動物実験』は無くならないものとして考え、『いかに痛みや苦痛を最小限にするか』を考えていく事。



学ぶ中で、辛い現実を再認識したり動物を展示する動物園や水族館の必要性を自分に問いかけたり、様々な感情が沸きました。



私たち人間はたくさんの動物の『命』や『その一生』の恩恵を受けて生きています。

それを忘れる事なく、感謝の気持ちを持ち続けたいと

改めて思いました。



講座は毎週新しい講義が配信されて、テストがあります。

最終には終了テストもあり、苦戦しましたが何とか終了資格を頂きました。



こうして、人間の私たちが動物の事を考えて、学ぶ事はとても大切な事。



私たちは『権利』を主張する生き物ですが、動物にも同じように『権利』はあります。



この世界に存在し、生きているのは人間だけでは無い…そんな事をつくづく考えさせられた学びでした。









16回の閲覧0件のコメント